日々のこと

Archive for 9月 2011

DSCF9257

 いや、引退するわけじゃないのに「お疲れ様」はおかしいけど。

 でも、大変だったと思うので。

 「追われることがなくなったので、ほっとしています」とコメントされたようですが、多くの人にはわからない「ほっとした感じ」があるんだろうなあと思います。

 自分のためというだけでなく、注目されるから期待に応えないと、というプレッシャーもあっただろうなあ。

 コメントの中の「体は元気だった。折れた心も体で支えた」という部分を読んで、う~ん、やっぱり大事なのは健康よね、元気な体よね、と思いました。

 野球選手ではないあららの場合なら、もし心が折れても、体が元気なら何かに取り組むことで心が折れた原因から離れて、気を紛らわせて、そのうち折れた心も回復するのかな、なんてね。

 もちろん、心身ともに元気なのが一番だけどね。

 イチロー選手、ほっとしたところでしっかりリラックスもして、来季はまた新たな目標に向かってほしいと思います。

 いや、世間からのこういう期待がプレッシャーになるんだろうけど。

 でも著名人の場合は、期待されなくなったらおしまいってことで。

 また活躍する様子を見せてほしいな。

広告

image

 1週間も水をやらなかったので(だんなさんも、関西出張の後に韓国に来て、あららより先に帰って沖縄出張だったので、ずっと家におらず、水やりを頼めなかったのです)、ゴーヤくんを初め、ベランダの仲間たちは大丈夫かしら・・・と心配していました。

 かなりたくさんの葉っぱが茶色くなっていましたが、この前のゴーヤくんは無事でした!

 すばらしき生命力!

image

 更に上のほうに、茶色い葉に埋もれた別のゴーヤくんを見つけました。

 この大きさなら、きっと旅行に行く前から実になっていたね。

 ししとうやローズマリー、ミントなどは、茶色くはなっていませんでしたが、かなりしょんぼりした感じでした。

 でも水をたっぷりやったら、すっかり元のように元気になったのでよかった~。

 ベランダにはだいぶ枯葉が落ちていたので、集めて捨てて、ゴーヤについたままだった茶色い葉も、少し取りました。

 また水をやるようになって、緑の葉が少しでも増えてくれるといいのだけど・・・。

 早く大きくな~れ。

もどりました。
おうちまでもうちょっと。

韓国に行ってきます。
11日の日曜日にばばば〜っと行くことが決まりました。
遊んでばかりで超贅沢、バチが当たりそう…とも思ったのですが、だんなさんが「今しかできないかもしれないなら、よけいに今を楽しまないと!」と言ってくれたので、行くことにしました。 ふ、太っ腹〜!!
今回はそんなだんなさんも、ちょこっと来ることになっています。
楽しみ♪
28日に帰ってきます。
行ってきます。

DSCF9614

 試写会に行ってきました。

 実話がもとになっているというので難しいのかなあ、わかるかなあ・・・と気にしながら出かけました。

 初めの方は、専門用語とか出てきて、うう~む、難しいなあと思っていましたが、話が進むに従って、擬人化されたはやぶさの心のつぶやきを聞くことがでいるようになって、わかりやすくなってきました。

 それに、ところどころで「くすっ」と笑わせてくれる場面があったのもよかったな。

 竹内結子さん演ずる水沢恵さんが、宇宙が好きすぎる、真面目すぎるゆえに、ちょっとこっけいな感じなところも、小難しい映画にならなかったポイントかも。

 いやあしかし、こういうミッションって、ほんとに大変!

 長い年月の間にたくさんの困難があって、最後にはやぶさが無事帰還を果たしたところでは、思わずもらい泣きしてしまいました。

 研究生活って、大変・・・。

 結果がいつ出るかわからないし、出るかどうかもわからないこともあるし。

 でも、そういう人たちの努力のおかげで、いろいろな発見や発明があったり、普段の生活が便利になっていったりもするんだ。 

 宇宙開発だけでなく、すべての研究者のみなさんに期待しています。

 頑張って!

 でも体を壊さない程度にね。

DSCF9552

 だんなさんの会社のファミリーイベントということで、ディズニーランドに行ってきました。

 久しぶりのディズニーランドです。

 前に行ったのはいつだろう?

 5年は行ってないと思います。前の前の家に住んでいた頃は、一度も行っていないと思うので・・・。

 今回は、だんなさんの会社のイベントで、招待券をもらったんです。

 家族(3人までらしいです。それ以上は、安いチケットを買えるらしいです)や、ひとり暮らしの人などはお友達をひとりまで無料で招待してもらえて、更にひとり1000円分のお食事券までついているという、かなり太っ腹な企画です。

 会社のイベントといってもみんなで行動するわけではなく、午前中にトゥモローランド内にあるショーベースで「パークファンパーティー」というショーと抽選会があった以外は、自由行動でした。

 でも、当然と言えば当然かも。

 ショーベースの客席は1000人以上分あるらしいですが、その3分の2くらいは埋まっていたので。

 こんなにたくさんの社員と家族を招待してくれるなんて、ほんとに太っ腹~。

 でも、毎年こんなに特別なことをしてくれているわけではないそうです。

 ショーの前に偉い人(お名前や役職は忘れてしまった・・・)のお話がありました。

 東日本大震災のあと、だんなさんの会社の活動は、かなり復旧の役に立つことができたそうです。

 会社の業務についてだけでなく、ボランティアとして被災地に行かれた方もたくさんいらっしゃるそうですよ。

 そこで今年は大奮発して、社員とその支えとなっている家族への感謝の気持ちということで、こんなに太っ腹なイベントを開催することになったそうです。

 30分ほどでパークファンパーティーは終わり、そのあとは、ファストパスを取ったり、アトラクションの列に並んだり、ディズニーランドらしい過ごし方をして楽しみました。

DSCF9560

 ひゃあしかし、すごい人だね~。

 午後の早い時間で、もうファストパスが取れなくなってるアトラクションがいくつもあったし、ふつうに並ぶとしたら100分とか80分とか・・・。

DSCF9562

 ランドかシーの好きなほうを選ぶことができたのですが、あららたちは、キャプテンEOが見たくてランドのチケットをもらうことにしました。

 そこで、キャプテンEOに入りさえできれば、あとは、ぶらぶらしながら、待ち時間が長くないものに並ぼう、ということになりました。

 キャプテンEO、よかった!

 だんなさんは子どもの頃に見たことがあるそうですが、あららは初めてだったのよね。

 ディズニーランドには何度も来たことがあったけど、ここに入ったことはなかったの。

 そして、いつのまにかなくなってしまったし・・・。

 再開すると知ってから、ずっと観てみたいと思っていたのよね。

 1987年当時の映像をそのまま上映ということでしたが、いやあ、当時としては、かなり画期的なものだったのでは。

 画質はかなり荒いけど、大迫力の3Dで、見ているうちに疲れてきてしまったほど・・・。

 実は、午前と午後とで2回見ました。

 午前は前の方に座ってしまい、楽しさよりも疲れのほうが大きかったのですが、午後は後ろのほうに座ったら画面全体を見ることができ、首を動かさなくても画面右端の字幕を読むことができてよかったです。

 マイケル・ジャクソンが亡くなってしまったから、再開することになったのかな。

 とにかく、見ることができてよかったな。

 そのあとはいろいろ、カントリーベアシアター、カリブの海賊(ジャック・スパロウが3ヶ所にいました)、ジャングルクルーズ、ウエスタンリバー鉄道、白雪姫と7人のこびと、ミッキーのフィルハーマジック、空飛ぶダンボ、ホーンテッドマンション(記憶にあるのと全く違っていました)、イッツアスモールワールド、アリスのティーパーティー、スターツアーズ、スペースマウンテン、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター、スタージェット、などなどを楽しみました。

 だんなさんが「スプラッシュマウンテンに乗ったことがないから乗ってみたい」と言ったので何度か見に行ったのですが、ファストパスはすでに取れなくなっていて、その後はいつ行っても、待ち時間が100分とか短くなっても80分だったので、諦めました。

 スペースマウンテンは、夕ごはんを食べに行く前に通りかかったときは50分、食べ終わったときは25分になっていたので、よ~し、今がチャンス!と乗ることができたのですが。

 スプラッシュマウンテンは、なぜそんなに人気が? 

 ところで、シンデレラ城って白くなかったっけ?

 ベージュっぽい色をしていて、あれ?白じゃなかったっけ?と思いました。

 あららの記憶違いか、塗り替えられたのか・・・。

 アトラクションって、ずっと同じわけじゃないのね。

 カリブの海賊は、映画が作られたから?映画の主人公のジャック・スパロウが3ヶ所にいました。

 あららは3ヶ所だと思いましたが、もしかすると、もっとたくさんいたのかも?

 ホーンテッドマンションは、アニメの「ナイトメアビフォアクリスマス」のキャラクターたちがたくさん描かれていました。

 乗り物(「黒いそり」だそうです。そりだったのか・・・)に乗る前に入る絵が伸びていく部屋の絵も、昔はしましまぱんつをはいたおじさんや、日傘をさしている御婦人が綱渡りをしていて、その足元にはワニがいる・・・というものだったように記憶していますが、その部屋の絵も「ナイトメア・・・」のキャラクターでした。 

 ディズニーリゾートって、アトラクションも少しずつ変わってるみたいだし、おみやげものも期間限定のものが出るし、そういうところが多くの人をひきつけて、何度も来たいと思わせるのかもね。

 そういえば、奥さんが胸にお誕生日であることを示すシールを貼っている、70代ではないかと思われるご夫婦を見かけました。

 とってもすてき!

 お子さんやお孫さんと一緒の高齢の方はよく見るけど、おふたりだけ、というのは珍しいと思います。

 それも、お誕生日シールまで貼ってるなんて、とってもすてき。

 実はあららも29歳の誕生日周辺にディズニーシーに行って、チケットを買うときに「誕生日なんですが・・・」と言ってシールをもらったことがあります。

 このシールを貼っている人は、行く先々でキャストの皆さんから、時には気のいい(というのかしら)ゲストの方からも「おめでとう!」「ハッピーバースデー!!」と言ってもらえるんですよ。

 ちょっと照れくさいけど、特別な気分になれる嬉しいシールです。

 いい歳して・・・なんて思わないで、ふたりでこういうところに来て、すてきなサービスまで利用しちゃうなんて、すてきだな。

 まだ若いのに、人混みは疲れるから苦手だ・・・と思って土日のスーパーさえ行こうと思わないあらら。

 他のところにも、積極的に出かけることはしないし(出かけるといえば、試写会と病院くらいか。昔は2連休あれば月に1度はひとり旅をしていて、周囲から「出かけすぎ!!と」と言われていたのに)。

 スーパーとディズニーランドは比べるものではないけれど。

 でもあららも、人混みに出かける体力と気力を維持して、行きたいところには行って、受けたいサービスは受ける、そんなかわいいおばあちゃんを目指したいです。

image

 実は明日、だんなさんが関西方面へ1泊2日の出張があるので、今日は早く帰るつもりでした。

 でも結局ディズニーランドを出たのは、8時半からの花火を見終わった後でした。

image

 花火を見たのも5年以上ぶりかも。 

 高校大学の頃は、近くで花火大会があると聞けば行っていたのにな~。

 いつの頃からか、花火の楽しさよりも家にいる気楽さを優先するようになってしまった、ヘタレあらら・・・。

 そういえば、あららは子どもの頃、ディズニーランドの花火が見られる部屋に住んでいた時期があったんですよ~。

 その頃は、兄と一緒に花火を見て、花火の終わりがおやすみなさいの合図だったのでした。

 うう~ん、懐かしき思い出・・・。

 そういえばちょっと話は戻って、ディズニーランドも、節電を頑張ってるね。

 日が落ちてからは場所によってはかなり暗かったのは、気のせいではないと思います。

 空飛ぶダンボの操作をするちっちゃい部屋も、操作機器から出ている光しかあかりはなく、かなり暗いように思いました。

 街中にあるお店と違って「節電して営業中」みたいな貼り紙はどこにもなかったけど、節電の努力がわかるところはけっこうありました。

 そういえば震災当日のキャストの行動がかなりよかったことも、メディアで取り上げられていましたよね。

 ディズニーリゾートって素晴らしい場所だなあ・・・と思いながら、家路についたのでした。

 楽しかったな。

 近いうちに、今度はディズニーシーに行きたい!

foodpic1595639

 今日の夕ごはんです。

 メインはホキのみりん干しだったはずが、焦げたうえにかなり縮んでしまったので、かぼちゃの煮付けがメインのようになりました。

 SHIORI さんのレシピです。

 「煮付け」という名前だけど、レンジ加熱で作ります。

 でも、まるで煮付けたみたいに、こっくりとしておいしかったですよ。

 だんなさんも満足してくれたみたいです。

 「ねえ、これおいしい?」と聞きながらだんなさんのお皿を見たら、もう、すべてなくなっていました。 

 「うん、おいしくてもりもり食べてしまった」と言ってくれたのでよかったです。

 簡単だったから、これからもちょくちょく作ろう。

 お砂糖は大さじ1と1/2のところを、大さじ1だけにしました。

 この量が、あらら家の味付けにはぴったりでした。

 SHIORI さんのレシピでお砂糖を使うものは、あらら家には甘みが強いなあと思っていましたが、だんだん、ちょうどいいお砂糖の減らし方がわかってきたみたい。

 お料理って実験の積み重ねよね~と、つくづく感じました。


カテゴリー

カレンダー

2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
広告