日々のこと

Archive for the ‘映画’ Category

 オンライン試写会に当たりました。

 実話なんですって。

 1976年のF1世界選手権でのジェームス・ハントとニキ・ラウダのライバル関係を描いた映画です。

 あららはF1はわからないのですが、それでも興味深く観ることができました。

 遊び人な感じノジェームス・ハントと見るからに生真面目なニキ・ラウダ。

 このふたりが反目しあうのは当たり前だな~・・・と思いながら観ていたのですが。

 ある出来事から、お互いに心が通じ合うのがよかったな。

 ニキ・ラウダの生命力がすごい。

 レース中の事故で瀕死の重症を負ったのですが、その次の次のレースには復帰したのよね。

 顔の右側には、やけどの跡が痛々しく残っていて・・・。

 映画の中で、レーサーは20%の確率で死ぬ職業だ、というセリフがあったけど。

 もしかすると死んじゃっていたかもしれないのに、怖くないのかな・・・。 

 そういえば、あららが初めて観たF1のレースで、アイルトン・セナが事故死して、びっくりしたのよね。

 もともと、F1って怖いスポーツだ、観たくない、と思っていたのだけど。

 たまたま観たらそんなことになって、そのあとはだんなさんと結婚するまで、観たことはありませんでした(だんなさんは好きなようで、時々観ています)。

 更に話はずれますが、あららは子どもの頃から、レーサーとスタントマンとは、絶対に結婚したくない、と思っていたものです。

 話は戻って、事実に基いているから、知っている人にとってはもちろんおもしろいと思うし、その出来事も、F1そのものも知らない人でも、登場人物の心の動きは興味深く思うだろうし、F1の勝敗がどうやって決まっていくのかは映画を観ながら理解できるので、おもしろいと思いますよ。

広告

 先日ラジオの懸賞で鑑賞券が当たった『ブリングリング』を観てきました。

 ハリウッドセレブ宅への高校生窃盗団の話です。

 実話に基いているそうですが。

 えええ~、こんな簡単にセレブ宅に侵入できるの?セキュリティーは?

 警察が動き出すのが遅すぎ~。

 金遣いが荒くなったり、クラブで窃盗品を自慢したりして、周りの人は不思議に思わなかったんですかね。

 結局逮捕されて、裁判で判決も下されるけど、みんな、反省の色が全くないし。

 こんなことしちゃいけないよと諭しているわけでもなさそうだし、事実だとしたら恐ろしいし、作り話だとしてもどこによさを感じればいいのか、ワタシにはわからない・・・。

 ただただ出来事を追っているだけって感じ。

 パリス・ヒルトンも・・・。

 4回も自宅に侵入されるなんて、どゆこと??

 モノが溢れすぎて、なくなっても気がつかなかったのかしら・・・。

 

 

 久々に試写会に行けました。

 「人生最後の輝きを求めて、老人ホームで暮らすじいさんたちが、おんぼろバスで大脱走!!」というキャッチコピーを読んで、へ~おもしろそう、コメディーなのかな、と思いました。

 コメディーでもあったけど、考えさせられることも多く、ちょっと泣かされたりもして・・・。

 疎遠になった家族、老いへの不安、静かに余生を過ごすだけの毎日。

 そんな鬱々とした日々を飛び出して、目指すは仮装大賞への出場!!

 目標を持つと、不安や鬱々した気持ちから離れられられるよね。

 お年寄りだけでなく、どの年代の人でも、自分なりの目標を持つのって大事よね、と思いました。

 おんぼろバスで走っていく中で見られる景色もきれいだったし、道中での交流もすてきだったし。

 久々に行けた試写会が、自分の人生についても考えさせられる、いい映画でよかったな。

 試写会に行ってきました。

 ロバート・デ・ニーロ、スーザン・サランドン、ロビン・ウィリアムズ、ダイアン・キートン、キャサリン・ハイグル、アマンダ・セイフライドと、あららにとっては、とっても豪華なキャストでした。

 「どんな秘密も、おめでたければ無礼講!?」とチラシにも書かれているけれど。

 突飛すぎる秘密が、出てくるわ出てくるわ・・・。

 だいぶ抵抗を感じる秘密ばかりで、キャストは豪華なのに、ちょっと残念な内容だわ。

 日本人の感覚からずれ過ぎている?

 それとも、あららの感覚からずれ過ぎているだけなんですかね。

 試写会に行って来ました。

 これまでのかぐや姫の話ではあまり描かれてこなかったかぐや姫の心情を描いているということで、どんな話なんだろう~と思いながら、わくわくと観に行きました。

 かぐや姫の侍女がかわいらしかったり、話も、次はどうなるんだろう?と思わされてとてもおもしろかったけど。

 疑問もいろいろ・・・。

 

 

 内容を知りたくない人は読まないで~。

 

 

 この映画のテーマとも思われる「姫の犯した罪と罰」って、結局、なんだったの?

 地球上で犯した罪と罰はたぶん理解できたけど、地球に来るきっかけとなった、月で犯した罪って何?

 そこが重要だと思っていたのに、はっきりとはわからず、ワタシは理解力がないのか・・・?と自分の心配をしているところ・・・。

 

 最後の方で、かぐや姫と捨丸が再会して、「一緒に逃げよう!!」ってことになる場面も、疑問。

 捨丸には妻子がいるのに。

 身分が違っちゃったから、年月も経っていることだし、妻子がいるのは自然の流れだと思う。

 心の底ではかぐや姫のことを忘れていなくて・・・というのも理解できる。

 でも、なんの躊躇もなく「一緒に逃げよう!」って展開だと、捨丸がものすごくひどい人間になってしまうような気が・・・。

 なんでこんな描き方をしたんだろう?

 

 月の羽衣をまとうと、地球での記憶を一切忘れてしまう、ということだったけど。

 かぐや姫、忘れてなかったよね。

 だって、遠く離れた地球を振り返って、泣いてたもの。

 辛いこともあった地球での生活だけど、幸せなこともあったのよね。

 忘れてしまうのと覚えているのと、どっちがいいんだろう?

 辛さも生きている実感なのだとしたら。

 忘れないほうが幸せなのだと思いたい。

 

 

 試写会に行って来ました。

 タイトルにちょっとひるみましたが、観てみたら、誰でも楽しめる内容だと思いました。

 前半は理解できたけど、後半は・・・妄想と現実がごっちゃっちゃになった感じ?ちょっと難しかったな。

 遼太郎(満島真之介さん)は風俗に行ったことで人生が変わりました。

 舞台挨拶があったのですが、満島さんは自転車での日本一周、佐々木希さんは秋田からの上京、飯塚健監督は高校3年生のときの沖縄旅行で人生が変わったとおっしゃっていました。

 あららは、行ったことで人生が変わった場所ってあるかなあ。

 きっとあるよね、どこだろう?

 ちょっと考えてみようっと。

 

 試写会に行って来ました。

 朝原雄三監督、上戸彩さん、高良健吾さん、余貴美子さんの舞台挨拶がありました。

 開場は11時、開映は11時半だったのですが、舞台挨拶がある関係か、座席指定券の引き換えが9時からでした。

 いつもは張り切って早くから自分で並ぶのですが。

 最近忙しいあららは(忙しくても、試写会に当たれば必ず行くのだ)、だんなさんに「並んでくれないかしら・・・」と言ってみたら、オッケー!

 そんなわけで、あららは11時過ぎに会場に行きました。

 だんなさんは、40分ほど並んでくれたみたい。

 ありがとう~。

 最近『麦子さんと』を観て、う~ん、余さん、やっぱりすてき・・・と思ったばかりだったので、今日はご本人を直接見られて嬉しかったです。

 作品によってまったく違って見える高良さんも好きなので、これまた嬉しかったです。

 監督と上戸さんは・・・あららはよく知らないのよね・・・。

 さてさて。

 映画もおもしろかったですよ。

 『武士の家計簿』と同じく、血が出ない時代劇。

 安心して観られる時代劇。

 ぷぷぷっと笑わせてくれる場面が何度もあったのもよかったな。

 話もよかったけど、食べ物好きのあららには、たくさんのお料理が見られたのもよかったな。

 キジを食べるのは聞いたことあるけど、昔はツルも食べてたの?

 今でも食べられているのかな~。

 あららは「ゆべし」が好きなのですが、あららが知っているゆべしは、映画に出てきたものとは違いました。

 あららが知っているのは、四角いの。

 でも映画の中に出てきたものは、丸かったんです。

 柚子の中身をくりぬいて、中にお砂糖や餅粉を入れたものを、蒸したり干したりして作るらしい・・・。

 食べてみたい~!

 いろいろな楽しみ方ができる、すてきな映画だなと思いました。

 

 


カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
広告