日々のこと

Archive for the ‘旅行’ Category

 18時前にスタンレーパークから出て、また街に戻りました。

 朝買ったスカイトレイン、バス、シーバスの1日乗車券を使って、バスにも乗ってみましたよ。

 別に乗る必要もなかったのですが、めったにないことだし、せっかく乗れるなら乗ってみたくなったんです。

 1日乗車券なら、お金の払い方がよくわからなくても、乗ることができるしね。

 車内はけっこう混んでいました。

 でも空席もありました。

 空席の前に立っている人が座らないのはなぜだろう?すぐに降りるわけでもなかったし。

 健康を考えている人が多いのかしら・・・。

 ラスベガスでまんがを探したように、カナダでも本屋さんでまんがを探してみました。

 種類が少なくて欲しいと思えるものがなく、値段も1冊9.99ドルくらいして(1ドル≒96.7円)高かったので、買えませんでした。

 行った本屋さんがたまたまそうだっただけかもしれませんが、お料理の本が充実していました。

 他のコーナーよりも圧倒的にスペースをとってあったし、調理グッズがセットになったものがあったり。

 バンクーバーにはお料理好きの人が多いのかしら~と思いました。

 晩ごはんは、パシフィック・センターというショッピングモールのフードコートで食べました。

 あららはグリーンカレーとココナツジュース、だんなさんはパッタイを食べました。

 だんなさんは、なぜか数日前からパッタイっぽいものを食べたがっていたので、食べられてよかったね。

 ドラッグストアでコーラとデンタルフロスを買い、20時過ぎにホテルへ帰って来ました。

 デンタルフロスはいつも買っているものが50メートルくらいなのですが、183メートルも入っていて日本での1箱の値段よりも安かったので(3.99ドル)、思わず買ってしまいました。

 わざわざバンクーバーで買うものでもないけど、でも、毎日使っているものだから無駄遣いではないよね。

 お風呂に入って荷造りして、23時半に寝ました。

 明日は4時半に起きて、シアトルに移動だ~。

広告

 そういえば、スタンレー・パークに向かう途中やパーク内に、かわいいピクトグラムがあったんですよ。

 あららは日本では「犬の糞は飼い主の責任!!!」みたいに、毛筆や太いマジックでで厳しく書かれたものは見たことがあるけど、こういう穏やかなのはあまり見たことないな~。

 こういうほうが、マナーを守りやすかったりしてね。

 反抗する気が失せるというか。

 歩行者はこちら。

 ローラースケートはこちら。

 レンタルサイクルがあって、自転車ですい~っと通っている人もたくさんいましたが、ローラースケートやインラインスケート、スケボーで移動している人もいました。

 そういえばラスベガスでも、スケボーで移動している人を見かけて、わ~、なんだかアメリカンだわん、と思ったものです。

 パーク内の写真も、もっと撮っておけばよかったな~。

 こ~んなトーテムポール広場があったり。

 1938年開通のライオンズ・ゲート・ブリッジです。

 ダウンタウンとノース・バンクーバーを結ぶ橋で、歩いても渡れるそうですよ。

 ビーチもありました。

 ビーチだけでなく、プールもあったんですよ~。

 怪しい人だと思われたら困るので、写真は撮りませんでしたが。

 海あり空あり、芝生ありビーチプールあり、道が分かれているので、散歩やサイクリング、ローラースケートやスケボーもそれぞれ安心してできるし、あちこちにベンチがあるから疲れたら休めるし、小さいカフェやレストランもあって、いろんな楽しみ方ができる公園だな~と思いました。
 

 お昼ごはんをすませて、スタンレー・パークに向かって歩いてゴー。

 公園から振り返ると、向こうには大都会。

 カルガモ?

 青い海と空、緑の木々で、自然いっぱいって感じだわ。

 こういう眺め、好きだな。

 あら、人魚姫?と思ったら。

 ウェットスーツを着た少女でした。

 日本に関係がある彫刻らしいけど、辞書を引いてもよくわからない・・・。

 でも、外国に来て日本に関係があるものを見つけると、なんだか嬉しいよね。

 またまたカルガモ(?)~。

 ここで写真を撮っていたら、20代前半~半ばくらいの男性2人、女性1人の3人グループの日本人が自転車でやって来ました。

 あららたちが日本語で話していたので(当たり前だ)、話しかけやすかったのかな。

 3人の写真を撮って欲しいと頼まれました。

 だんなさんが「どんなふうに撮りますか?」と聞いたら、女性が「いい感じにお願いします」と言ったので、ちょっとウケてしまいました。

 その「いい感じ」って、人によって違うよね~。

 でも、だんなさんの聞き方も、抽象的と言えば抽象的。

 そこで「橋は全部入れますか?」「空と海と、どっちが多めがいいですか?」などと聞いていました。

 撮った写真を確認してもらったら、「いい感じ」に撮れていたようです。

 

 

 帰りはシャトルバスに乗りました。

 運転手さんが主だったホテルの名前を言ってくれて、そのホテルの近くで降りたい人がいると、停まってくれる仕組みでした。

 車窓からの眺め。

 バラード入江と、たぶん奥の緑はスタンレー・パーク。

 車内の表示は2ヶ国語。

 「SALIDA」ってスペイン語だよね?確か。

 カナダで使われているのって英語とフランス語じゃなかったっけ。

 バンクーバーは、スペイン語圏出身の方も多いのかな。

 マリオットホテルだったかなあ、聞いたことがあるホテルの近くで降りて、降りた場所のすぐ近くにあったお店で14時に遅めのお昼ごはん。

 だんなさんはチキンとポテト、あららはサンドイッチ、サラダはふたりで。

 サンドイッチはパンを選べたので、全粒粉のにしました。

 具は、ターキー、ベーコン、かに、トマト、レタス。

 ターキー、ベーコン、かにが単独ではなく、3種類とも入っているなんて、贅沢!!

 サラダは、外で食べるものにしては、量が多くて嬉しかったです。

 レタスこんもり、アーモンド、松の実、ドライクランベリーもたっぷりで、いろんな歯ごたえがあって食べるのが楽しかったです。

 飲み物は、だんなさんがビール、あららのは、なんとバーテンダーさんが特別に作って下さったものです。

 ノンシュガー、ノンアルコールのものが欲しかったのですが、メニューを見てもよくわかりませんでした。

 そこで、ノンシュガー、ノンアルコールのものはありませんか?と聞いたら、ありません、とのこと・・・。

 あららはいつも水筒を持っているし、じゃあ飲み物は頼まないで、外に出てから水筒の中身を飲もうかな、と思ったのですが。

 果物の糖分もだめなのか?何かアレルギーはあるのか?などと聞かれ、少しの果物なら大丈夫、アレルギーはない、と答えました。

 そして、持ってきてくれたのが、手前の飲み物です。

 材料は、ミント、レモン汁、水だそうです。

 甘味が必要なら使って下さいと、はちみつも持ってきてくれました(使いませんでしたが)。

 爽やかで、おいしい!

 簡単だし、自分でも作ってみよう~と思いました(でも、まだ1度しか作っていませんが)。

 食事をしている途中で、バーテンダーさんが「飲み物の味はどうですか?」と聞きにきてくれました。

 とってもおいしいです、とても気に入りました、ありがとうございます、と言った(つもりの)あらら。

 これはメキシコ風ドリンクなんですって。

 バーテンダーさんはメキシコ出身だそうです。

 メキシコでは、フレッシュな素材を使うことでヘルシーになる、という考え方があるのだそうです。

 あららが、糖分、アルコールは欲しくないと言ったから、この人はヘルシー志向なのかな、サンドイッチも全粒粉だし・・・と思ったのかな。

 おなかがぺっこぺこな状態でとてもおいしいものが食べられて、とってもすてきなお昼ごはんでした。

DSCF6084

 コキアを見たあと、那珂湊に行って回転寿司を食べました。

 奥の海鮮軍艦がすごいでしょ~。

 どのネタも大きくて、食べるのが難しかったよ~。

 でもその分食べ応えがあって、とてもおいしかったです。

DSCF6091

 食べ終わったあとは、お魚市場を見学。

 大きなぶりの切身が6切れで500円とか、A4くらいのビニール袋の口を閉じずに、鮭の切り身がぱんぱんに入って500円とか、安い!

 量が多すぎるので、買わなかったけど・・・。

 お魚だけでなく乾物や佃煮、昆布あめとかふりかけ各種など、普段はあまり見ないいろいろなものが見られて、おもしろかったです。

DSCF6086

DSCF6087

 だんなさんは生がきを食べていました。

 あららは寒かったので食べず・・・。

 そういえばひたち海浜公園ではソフトクリームが売られていました。

 ソフトクリーム好きのあらら。

 だんなさんが「食べる?」と聞いてくれましたが、寒かったので食べませんでした。

DSCF6039

 からあげとたこ焼きを食べていたあららたちのそばに、半袖姿でソフトクリームと食べていたおじいさんがいて、びっくり・・・。

 長袖シャツ姿の奥様と思われる女性もやはりソフトクリームを手にしていて、屈強なご夫婦だなあと思いました。

DSCF6093

 酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)で、こんなの発見!

 ぶぶぶ~。

 思わず大爆笑!

DSCF6095

 海沿いを走っていたら、くじららしき物体を見ました。

 なんだろう?

DSCF6081

 今日は勝田駅近くでレンタカーを借りたのですが。

 最近の車って、鍵じゃなくて、ボタンでエンジンをかけるの~?

 知らなかったわ・・・。

 これが普通なの?

 それとも、こういう車もあるってだけで、鍵を使う車もまだ流通している?

 免許は持っているけど、もう10年以上運転していない、筋金入りのペーパードライバーのあららです。

 コキアを見るだけでなく、いろんな体験ができた、楽しい1日でした。

 だんなさん、ありがとう!

DSCF6068

 だんなさんと国営ひたち海浜公園に行きました。

 コキアを見たかったんです。

 フィリピン人の英語の先生が「日本にはこんな素敵な場所があるのね~」と写真を送ってくれたのですが、あららは知らなかったのよね。

 調べてみたら、国営ひたち海浜公園のコキアだということがわかりました。

 しかも、年中この状態なわけではなく、期間限定、ちょうど今頃だということがわかったので、じゃあ見に行こう!ってことになったんです。

DSCF6044

 遠くから見ると、とってももふもふして見えますが。

 DSCF6065

 「ホウキグサ」ともいうだけに、近くで見るとけっこう固そう。

 実際の触り心地も、がさがさした感じでした。

DSCF6064 DSCF6053

 こ~んなかわいい植物もあるんですね~。

DSCF6046

 コキアだけでなく、コスモスもきれいに咲いていましたよ。

DSCF6077

 コキアがある丘を降りて行くとそば畑があり、そのむこうには、里の家が。

DSCF6078

DSCF6079

 中を見学することができました。

DSCF6080

 井戸もありましたよ。

 水を出すのって、けっこう力が入りますね。

 蛇口をひねるだけで水が出る生活って、なんてありがたいんでしょう。

 他にも、広く芝生が広がっている場所があったり、観覧車やメリーゴーラウンドなどの遊園地のような場所や、アスレチック、サイクリング、バーベキューができるところなどもありました。

 お手洗いもあちこちにある上にきれいだし、すてきな公園だなと思いましたよ。

 中国人とインド人のツアー客かな?

 外国人観光客と思われる方々もたくさんいました。

 ちょっと行きにくい場所かもしれないけど、行けば、多くの人は楽しめるんじゃないかな。

 まさか外国の人から、日本の観光地の情報をもらうなんてね~。

 小さい日本、でも見どころ、知らないところはまだまだたくさんあるね。

 今年の初めに、またあちこち行ってみようと思ったものの、結局実践していないけれど。

 知らないところに行くのは、やっぱり、楽しい!

 7時半に目覚めました。

 でもだんなさんがまだ寝ていたので、そのままうとうとごろごろして、活動開始は8時半。

 トイレを使ったら、水が流れない!!

 レバーがはずれたような感じがしたので、タンクのふたを開けて、中を見てみました。

 タンクの底の栓とレバーがつながるところにたくさんのゼムクリップがついていました。

 これまでにも格闘したことが窺える・・・。

 あららもゼムクリップを使って、栓の鎖とレバーをつなげて、無事、応急処置することができました。

 朝ごはんを食べに行ったら、あまり広くない食堂は、ほぼ満席・・・。

 どうしようか、外で待とうかと話していたら、4人がけのテーブルにひとりで座っていただいぶふっくらした白人女性が、「ここに来て座りなさい」と合図してくれました。

 隣の席にだいぶはみだしていたお皿をご自分のほうに寄せて、お隣にも座れるようにして下さったのですが。

 女性の横幅がテーブルの1.5人分ほどあったので、向かい側に、だんなさんと並んで座らせてもらいました。

 そのほうが、お互いに居心地よく食べられるかなあと思って・・・。

DSCF5392

 ブッフェ式だったのですが、食パン、ベーグル、パンケーキ、オムレツ、りんご、オレンジくらいしかなく、残念・・・。

 あららは、りんご、パンケーキ、オムレツを食べました。

 食べ物が置いてある台とあららたちの席は、すぐ近くでした。

 食べ物を取ったあと、コーヒーや紅茶が置いてあるところを見ていたら、女性が「ジュース飲みたいの?ジュースの場所は・・・」と教えてくれようとしました。

 あららはデカフェのコーヒーが欲しかったので、「ありがとうごさいます、でも欲しいのはコーヒーなんです・・・」と答えて、デカフェのコーヒーを持って、席に戻りました。

 相席させて下さったうえに、そんな気遣いもして下さって、なんて素敵な方。

 あららはほとんど話しませんでしたが、女性とだんなさんの会話はだいたいわかりました。

 シカゴにお住まいだそうです。

 シカゴには空港が2つある、というのを「We have two airports・・・」とおっしゃっていて、へ~、主語が「私達」になるんだ、「空港を持ってる」って言うんだ~と思いました。

 生きた英会話だね。

 10時過ぎにホテルを出ました。

 スカイトレイン、バス、シーバスの1日乗車券を買って、レッツ・ゴー。

DSCF5394 

 シーバスからの眺めです。

DSCF5396

 シーバスとバスを乗り継いで、11時過ぎにキャピラノ吊り橋に着きました。

 1889年、キャピラノ渓谷周辺の美しい景色に感動したスコットランド人土木技師のジョージ・グラント・マッケイがキャピラノ川両岸の土地を買い、先住民の力を借りて麻のロープと杉で高さ70メートルのところに橋を架けたのが始まりだそうです。

 彼の死後、ワイヤー製のものに変わり、1914年には太い鉄鋼ケーブルで補強され、現在のものは、ケーブルの両端をコンクリートで固めて、より頑丈になっているのだそうです。

DSCF5397

 出入口では、手の甲にスタンプが押されました。

DSCF5411

 137メートルのなが~い橋。

 あららは以前、徳島県のかずら橋を渡ったことがあります。

 かずらを撚り合わせて作られた長さ40メートルの橋で、今にも千切れそうなので渡るのになかなかのスリルがあります。

 平家の落人がこの地に潜み、追手が迫ってもすぐ切り落とせるようにかずらを使って作ったらしい・・・と聞くと、ますます怖くなるよ~。

 とはいえ、今の橋はワイヤーで作られたものがかずらで覆われているのだそうです。

 だから、見た目は渡るのに勇気がいる橋だけど、実際はワイヤー製の頑丈な橋です。

 両方渡ったあららは、キャピラノ吊り橋のほうが、怖いな~と思いました。

 す~ごく長いだけに、す~ごく揺れるのよ。

 始終手すりにつかまっていないといけないほどではなかったけど。

DSCF5416

 飼育員の方と一緒に、鷹やふくろうが見られる場所がありました。

DSCF5417

 もこもこでかわいい~。

DSCF5420

DSCF5421 

DSCF5428

DSCF5432

 こういう場所ってふだん来ないだけに、と~っても気持ちよく感じます。

 あららはパワースポットに行ったからって何かを感じたりすることはないけれど。

 そういうセンサーが働く人には、かなりいい場所だと思います。

DSCF5425

DSCF5427

 「Hey you」だって。

 日本語だったら「おいこら、落書きすんなよ!」って感じなのかなあ。

DSCF5429

 おいこら、「OK」って書くな~。

DSCF5430

DSCF5433

 スリップ注意の標識が、けっこうあちこちにありました。

 確かに景色に夢中になっていると「あっ!!」ってことになりそう・・・。

image

 日本語Tシャツを着ている方を見かけて、ついつい、こっそりパチリ。

DSCF5485

 公園内にスタンプラリーが設置されていて、すべてのスタンプを押したら、帰るときに証明書?をもらいました。

 だいたい順番通りに押せたのですが、1ヶ所だけ押しそこねた場所があって、戻ったりもしたんです。

 でも歩くのが気持ちいいから、苦にならずに、すべてのスタンプを集めることができましたよ。


カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
広告