日々のこと

Archive for the ‘つぶやき’ Category

 もう大晦日なんですね~。

 今日は洗濯と雑巾がけをしたあとは添削をして過ごしたという、いつもと変わらない1日でした。

 ラジオを聞いていたら、何度も年末だ、大晦日だ、という内容を耳にしていたのですが、実感なかったのよね。

 でも夕ごはんにおそばを食べて、なんとなく紅白歌合戦を観ていたら、ようやく実感がわいてきました。

 紅白は観るつもりがなかったのですが、観始めたらはまってしまって、お風呂に入るときにもラジオで聞いていました。

 miwaさんが歌っているところを初めて観ました。

 一時期、ラジオで『ヒカリへ』という曲をよく耳にすることがあって(発売した頃だったのかなあ)、聞くたびに、よくわからないけど、涙が出そうになっていたのよね。

 心がじわ~んとしてくるんです。

 今日の紅白で、その『ヒカリへ』を歌っているmiwaさんを観て、また泣きそうになってしまいました。

 歌もすてきだけど、ご本人もすてき。

 お化粧も髪型も衣装もシンプルで、歌で勝負してます!って感じ。

 だから、よけいに心に響くのかな。

 好きな綾瀬はるかさんが司会だし、時々、くまモンやふなっしーが出てくるのもなごめるし、紅白、おもしろいでないの。

 明日から新しい年が始まるのか~・・・。

 11月の半ばから12月の半ばにかけて、いろんなことがあったな。

 最近のことだけに記憶に新しいせいもあって、「今年の出来事」って感じがする。

 人生でベスト3には入るのではないかと思う嬉しいことと、ワースト3には入るのではないかと思う辛いことがあって。

 その落差についていけなくて、でも、意外ともう大丈夫な気がするし、でもでも、ふと、辛い、悲しい気持ちがよみがえってくるときもある。

 もう終わってしまったことだし、前を向かないといけないよね。

 がんばろう。

 きっと、うまくいく。

 大丈夫、大丈夫。

 景気づけにってわけでもないですが、だんなさんにおやつを買ってきてもらいました。

 今日発売らしい、サンクスの窯出し苺クリームプリン!!

 上には苺のムースのようなものが。

 ちょっと見にくいけど、苺の果肉も~。

 おいしい。

 嬉しい♪

 落ち込んだり元気がなくなったりしたときは、これからも、好きなものを作って食べたり、おいしいものを買って来たりして、自分を励まそう。

 ちゃんと食べる気力があるうちは、まだまだ大丈夫。

 きっと、うまくいく。

 そう信じよう。

広告

 新しい電子辞書が、今日、届きました。

 左側のは、これまで使っていたものです。

 だんなさんが2003年頃に買ったものをもらって(多分、2007年の初め・・・。だんなさんの出張にくっついてサンフランシスコに行くときには、すでにあららのものになっていました)、旅行に持って行ったり、英語の勉強に使ったりしていました。

 今年の初めくらいかなあ、折りたたむところの左側にヒビが入って、開け閉めするのにちょっと気を使わなきゃいけなくなったのよね。

 そのうち動かすのが怖くなったので、持ち歩くのはやめることにして開きっぱなしにして、家でインターネット英会話をやるときだけに使うようになりました。

 動かないように固定するのに使ったのは、コアラのマーチの箱です。

 厚みがちょうどいい!と思ったのよね。

 まさか公開することになるとは思わなかったわ~。

 動かさないように使っていましたが、やはりちょっとずつ劣化が進んだようで、秋頃に、ついに壊れてしまいました。

 初めは電池切れかと思ったのですが、電池交換しても動かなかったのよね。

 家で勉強するぶんには紙の辞書を使えばいいし、いらないかな~とも思っていたのですが。

 やはり会話をしながら使うには、紙の辞書よりも電子辞書のほうが便利!

 そんなわけで新しい電子辞書を買うことにしました。

 すごいね~。

 カラーだよ~!!

 国語辞典、英和・和英辞典をとして使う以外にもいろいろなことが調べられるし、読み物系(ツボ押し、アロマテラピー、ダイエット情報など)があるのもすてきだなと思いました。

 「旅行」のカテゴリーには、英語以外の言語のフレーズも載っていて、音声を出すこともできるんです。

 すごいね~。

 学習に使う以外に、大好きな数独(ナンプレ)とオセロ(リバーシ)ができるのも嬉しい。

 いろんなことに使えるね。

 ばんばん使って、賢くなれるといいな。

 最近体調がよくないときが多いのよね。

 でもずっとというわけではないので、ものすごく辛いわけではないのだけど。

 子どもの頃は超超超~~健康で、幼稚園は水疱瘡と風疹で休んだけど、小学校から高校までは皆勤賞でした。

 だから、体の具合が悪い人がどうしてほしいのかもわからなかったのよね。

 具合が悪い状態を知らなかったから。

 ちょっと病弱な人をうらやましく思ったりもした子ども時代ですが。

 もしタイムマシンがあったら、そんな自分を「けしからんッ」て怒りに行きたいですな。

 そんな罰当たりなことを考えてしまっていたから、大人になった今、それが自分に返ってきちゃったのかなあなんて思うときもある・・・。 

 もちろん、そんなわけはないってわかってはいるけどさ。

 

 ある程度生きてきて、他のおもしろいことも知っている大人が夢中になるくらいだから、まだ視野もそんなに広くない10代の人たちがネットに夢中になっちゃうのって、避けられないことなのかもしれない。

 昔はパソコンでしかネットにつなげなかったけど、今はスマホでいつでもどこでもつなげるしね・・・。

 先日、ちょうど高校生の帰宅ラッシュの時間に電車に乗ったことがありました。

 あららは長い座席の中央辺りに座っていました。

 たくさんの男子高校生が乗り込んできて、5~6人、あららの前に並んで立ったのですが。

 みんなスマホをいじって、会話は一切なし。

 せっかく友達同士で一緒にいるのにねぇ~。

 電車内でスマホ、くらいならまだいいけど。

 歩道で何人も並んで歩くときに、みんながスマホをいじるのはやめて欲しい。

 広がってのろのろ歩かれると抜くに抜けない。

 集団でもひとり歩きでも、歩きながらのスマホ、自転車に乗りながらのスマホは、ほんとにやめて欲しい。

 ベビーカーを押しているお母さんが、スマホを操作しながら歩いていたりとかさ。

 前から何か来たら、まず赤ちゃんにぶつかるんだぞ~。

 危険!!

 そろそろ罰則を作るくらいしないと、大きな事故が増えてしまうのでは。

 ゲームとかをしていて、親が知らないうちに高額請求されることもあるらしいよね。

 便利だしおもしろいし、だから多くの人が夢中になっているけど、マイナス面もたくさん現れてきたスマホ。

 更なるマイナス面が現れないように、大事件が起きたりしないうちに、そろそろ真剣に対策を考えたほうがいいのでは。

 

 

 一昨日だったか一昨昨日だったか、ラジオをつけていたら「映画鑑賞券プレゼント」と言っているのが聞こえてきました。

 東京エフエムの『ブルー・オーシャン』です。

 メッセージを書いて「映画鑑賞券希望」と添えて送ると、抽選で当たるらしい。

 番組そのものは、家にいるときはほぼ毎日聞いているのですが、メッセージを送ったり、プレゼントに応募したことはありませんでした。

 でも、ちょっと興味がある映画だったので、送ってみようかな、と思ったんです。

 ほんとに送ってみたら、当たった!

 びっくり~。

 プレゼントがあるときは、番組の最後に当選者が発表されるのよね。

 でも、最後まで聞いていなかったので、知らなかったんです。

 もしかしてメッセージも読まれたのかな~。

 でもたいしたこと書いてないし、当選者は「メッセージを読まれた人の中から」ではなく「メッセージを送った人の中から」選ばれていると思うので、読まれていないかな。

 でも、名前は呼ばれたはずよね。

 一応適当なラジオネームをつけてみたので、本名ではないですが。

 でも、自分の名前がラジオで呼ばれているのを、聞いてみたかったな~。

 またメッセージを送ったり、懸賞に応募したりしてみようかしら・・・。

 ところでラジオの懸賞といえば、以前、『ユナイテッド ミュンヘンの悲劇』という映画の試写会に当たったことがあります。

 同じく東京エフエムでしたが、番組は『クロノス』でした。

 番組で告知を聞いて、ウェブサイトから応募して、試写状が届いた人が当選ってことで、番組での発表はなかったのよね。

 そんなわけで、ラジオで当たったのは初めてではないのですが、名前が呼ばれたのかな?と思って軽く興奮しているわけです。

 同じ番組を聞き続けていると、同じラジオネームをよく耳にします。

 いつもネタを見つけては投稿して、すごいなあと思って聞いています。

 ラジオで名前を呼ばれたい、という情熱?

 あららもネタ探しして、またメッセージを送ってみようかなあ。

 大丈夫そうに見えても、大丈夫じゃないんだよ。

 痛い、辛い、とアピールすると、ますますそうなってしまいそうだから、穏やかに振る舞うように努めているんだよ。

 遠慮する気持ちもあって、なんともないような顔をしているんだよ。

 ここしばらくの状況で、何でもないわけがない、ってわかるでしょうが。

 ただでさえ痛く辛く悲しいのに。

 泣く。泣きたい。泣き叫んだほうがいいか?

 でも、そんなことすると困るだろうとわかっているからこらえているのに。

 今日は最悪の1日だった。

 久々に奥田英朗さんの本を読みました。

 今日出かけた先では待ち時間が長くなることが予想されたので、字が細かくて厚くて読み飽きない本を持って行こうと考えて、これを選んだんです。

 出先では3分の2ほど読んだので、この本を選んで正解だったなあと思いました。

 本によっては読み終わってしまって、手持ち無沙汰になったかも・・・。

 続きは帰りの電車と家で読んだのですが。

 いや~、おもしろかった~。

 だいぶ前に『ガール』を読んだときも、奥田さん、まるで女性が書いたような物語が書けて、すごいなあ・・・と思ったけど。

 この本もいろんな人の視点から、特に高校3年生女子の視点から書かれた物語を読んで、すごいなあと思いました。

 想像力・創造力がすごい!!

 しばらくご無沙汰だったけど、また、奥田さんの本をいろいろ読んでみようかなあ。

 さて、この本の感想ですが。

 穏やかに見えるよその家庭にも、実は大きな問題があるかもしれないよね。

 でもみんな、表には出さず(信頼している人に相談する人はいたけど)、なんとか頑張っている。

 それがわかると、すべての人生が、愛しい。

 と、思いました。


カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
広告