日々のこと

鱈のちり蒸し、里芋の味噌煮っころがし

Posted on: 2013年11月23日

 今日の晩ごはんです。

 ・雑穀ひじきごはん

 ・野菜スープ(ほうれん草、白菜、にんじん、れんこん

 ・いんげん、枝豆、あぶらあげのめんつゆ炒め

 ・鱈のちり蒸し(鱈、とうふ、エリンギ、昆布、青ねぎ)

 ・里芋の味噌煮っころがし

 鱈のちり蒸しは、スーパーでもらったフリーペーパーに載っていました。

 蒸し器などを使うわけでなく、まず、昆布を敷いたお皿に鱈を乗せてくさみ取り用のお酒をかけて、電子レンジで加熱。

 出てきた水分を切ったら、とうふ、エリンギ(レシピではしめじ)も乗せて、鱈にぽん酢をかけて再度電子レンジで加熱したらできあがり。

 とっても簡単!

 なのにおいしい!!

 白菜とか、簡単に火が通る野菜を加えてもおいしそうだよね。

 里芋の煮っころがしは、SHIORI さんのレシピです。

 味噌、めんつゆ、砂糖、みりんを使うところを、砂糖をはちみつに代えて作ってみました。

 だから、よりこっくりとした味になったかも。

 だんなさんも気に入ってくれたようで、食べるのを後回しにしていました。

 そして「最後の1個だ・・・」とつぶやきながら食べていました。

 ところで、里芋の皮を向いたのなんて、どれくらいぶりだ・・・?

 たまに里芋を使おうと思った時は、冷凍のを買って来ちゃうし。

 今回は、よく行く八百屋さんで安かったので、いつもじゃがいもばかり買っているけど、たまには里芋にしようかな、と思って買ったんです。

 (あららは「まごはわさしい(ま・豆、ご・ごま、わ・わかめなどの海藻類、や・野菜、さ・魚、し・しいたけなどのきのこ類、い・いも類)」食生活を心がけています。じゃがいもは、毎朝のお味噌汁に入れています)

 でも、せっかくふだん買わないものを買ったので、何かちゃんとしたものを作ってみたくなり、選んだのがこのレシピでした。

 里芋の皮をむくと手がかゆくなるって聞くこともありますが。

 あららは大丈夫でした。

 トマトときゅうりの汁、いか、魚は触るとかゆくなるけど、里芋は大丈夫でしたよ。

 里芋のねっとり感は好きだし、今が旬のようだし、また見つけたら買おうかな。

 だんなさんも好きなようだしね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

カレンダー

2013年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。