日々のこと

Archive for 4月 27th, 2013

foodpic3450089

 今日の晩ごはんです。

 豚と卵の韓国風炒めとにらのおひたしはSHIORI さん、いちごのバルサミコあえはヤミーさんのレシピです。

 韓国風炒めでは、キムチ牛丼豆腐ステーキ麻婆ソースがけに続いて、豆板醤を活用できました。

 豆板醤というと中華料理のイメージですが、韓国料理にも確かに合うね。

 にらのおひたしは、めんつゆと柚子胡椒で味付けをして、天かすを散らしてあります。

 天かすは、この前てんやでもらったの。

 お会計のときにレジに「ご自由にお持ち下さい」と書かれて置いてあったのをもらってきたんです。

 もらったものの、すぐには使い道が思い浮かばず、少しだけぽりぽりかじって、冷凍庫にしまっておきました。

 冷凍したものでも、ぽりぽり感はそのまま残っていておいしく食べられましたよ。 

 今日は、メインのおかずにもサブのおかずにもにらを使った、にらたっぷりの晩ごはんとなりました。

 いちごのバルサミコあえ、とっても簡単なのに、とってもおいしい!

 こうやって並べて写真に撮ると、赤が食卓を明るくしているのもいいなと思いました。

 バルサミコ酢、他にも合わせるとおいしい果物ってあるのかな。

 ちょっと調べてみよう~っと。

 ごちそうさまでした!

image

 新聞で紹介されているのを見たことがあり、また、宣伝されているのもよく見るので、読んでみるといいかも?と思って読んでみました。

 「別れる力」というタイトルから、親しい人が亡くなったときや、大事なことをやめたり、大事なものを手放す決断をするときの心の整理の仕方について書かれている本なのかなあと思っていました。

 初めのほうはそんな内容でしたが、全体を通しては、伊集院さんの考え方を率直に綴った内容でした。

 世間に対して、それは違う、それはおかしい、と思うことを表現するのって、今の世の中だと特に難しいと思います。

 匿名での誹謗中傷が、けっこう簡単にできてしまうので。

 それでも、それを書いている伊集院さんってすごいし、意見に共感できます。

 中には「うう~ん、そういう人には、こうこうこういう理由があって、仕方がなかったのかもよ、伊集院さん、それは厳しいですよ」と思ってしまうものもあったけど。

 (若造にそんなこと言われたくない、と怒られてしまいそう。でもその姿勢も伊集院さんならでは。こんなとこで「伊集院さんならでは」なんて言っているのも生意気なのですが)

 重版されるってことは、支持する人も多いってことだと思うけど、なんで世の中は、おかしいと思ってしまう行為がなくならないどころか増えているように見えるんだろう?

 「大人の流儀3」ってことは、1や2もあるのかなと思ったら、1や2ではないですが、3の前に2冊書かれているようですね。

 読んでみようっと。

 辛口な意見(辛口なんかんじゃない、普通だ、当たり前だ、と言われそう・・・)を読むと、身が引きしまります。


カテゴリー

カレンダー

2013年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930