日々のこと

ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ

Posted on: 2013年4月26日

DSCF9130

 試写会に行って来ました。

 イームズ夫婦のドキュメンタリー映画でした。

 あららは「イームズのチェア」という言葉だけは知っていましたが、どんな椅子なのかは見たことがないし、知らないのよね。

 椅子以外の家具やおもちゃ、建築や映画など、たくさんの作品を世に送り出してきたそうなので、知らないだけで、実はイームズのものだった、というものはけっこうあったりして。

 映画の中では確認できなかったけど。

 あららは、ふ~ん、そんなことがあったんだ・・・という簡単な感想しか持てなかったけど、イームズファンにとっては、かなりおもしろい映画かも。

 今だから公表できる事実、というものが多いようなので。

 ふたりが出会ったとき、チャールズは既婚者でした。

 でもお互い惹かれ合って交流を深めるのですが、チャールズからレイへの手紙はたくさん残っているのに、レイからチャールズへの手紙は残っていないんですってね。

 チャールズから妻への気遣いで、処分していたと考えられるそうです。

 なんか、こういうのってつらいね、どちらも大切だけど・・・ってことだもんね。

 でも、ふたりが一緒になったことでたくさんの作品が生まれたのなら、元の奥さんには気の毒だけど、結果としてはよかったのかも?

 チャールズが亡くなった10年後にレイも亡くなりました。

 病床のレイは、人が訪ねてくると「今日は何日?」と聞いていたのだそうです。

 そして、亡くなったのは、チャールズと同じ日だったそうです。

 同じ日にしたくて、日付を確認していたのかな。

 そして、そのとおりになるなんて、すごい。

 相当の愛情と気力が必要よね。

 夫婦で同じことに興味を持って、それを仕事とできるなんて、なんだかすてきね。

 あららもときどき、だんなさんの仕事に関係することを、少しは勉強してみようかなあ・・・とは思うのですが、できていません。

 やっぱり・・・興味が薄くて・・・難しいし・・・。

 でもでも、興味が違うからこそ、新しい何かを生み出すこともあるかもよ!!

 な~んてね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

カレンダー

2013年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。