日々のこと

Archive for 2月 21st, 2013

image

 有楽町駅の近くで見かけたポストです。

 あれ~、なんだか、ヘン!と思って幼なじみに言ったら「足がないんじゃないの~?」と言われました。

 そうか、ふつうは「地面に直接箱」ではなく、下に何か支えになっているものがあるよね。

 先日はポストがふたつ並んでいるのを見つけて、あら~、なんだか不思議~と思いましたが。

 何気なく見ているポストでも、注意深く見れば、おもしろいものがいろいろ見つかるのかも?

写真 (3)

 幼なじみと銀座のキルフェボンに行って来ました。

 キルフェボンに行くことになったあと、あららはインターネットでメニューを調べて「桃薫(とうくん)のタルト」を食べたいなと思いました。

 桃薫って「まるで桃のような甘い香りのイチゴ」なんですって。

 へ~、桃のようなイチゴってどんなイチゴ?って興味を持ったんです。

 でもお店で聞いたら、今日はもう品切れとのことでした。

 最近テレビで紹介されたからか注文するお客さんが急に増えて、午前中でなくなってしまうのだそうです。

 販売は5月までなので、しばらくするれば落ち着くと思いますよ、でも予約もできますよ、と言われました。

 予約できるんだ~。

 なら、銀座に行く用事があるときに予約してみようかなあ。

 桃のようなイチゴなんて、売ってるの見たことないもんねぇ、どんなものか食べてみたいわ。

 結局あららは「ラ・フランスとミルクチョコレートのムース、しょうが風味」を食べることにしました。

 しょうが「風味」となっていましたが、風味だけでなく、しょうがの千切りのシロップ漬けみたいなのも入っていましたよ。

 去年はふたつずつ食べましたが、今年はひとつだけにしました。

image

 だって、スタバに行きたかったから~。

 桜ラテを飲みたかったんです。

 桜の風味っていいなと思います。

 余談ですがミスドでは桜風味のドーナツが発売されたそうなので、それもぜひ食べてみたいところ。

写真 (2)

 カップまで桜仕様。

 「Thank you」とスマイルマークがかわいくて嬉しい。

 スタバてくつろいだあと、ビックカメラに行きました。

 あららは今、新しいカメラが欲しいんです。

 充電が1日も持たないので、もう5年くらい使っているから、新しい電池を買うよりもカメラ本体を新調しようと思っているんです。

 幼なじみは年末にミラーレス一眼を買ったそうで、今日も持って来ていました。

 初めはコンパクトデジカメを買う予定でいろいろ調べていたそうで、得た情報はまだ新しいみたい。

 「カメラ、見に行こうか~?」と言ってくれたので、そういえば今のカメラも一緒に見てもらったし、彼女は機械系に強いので頼りになるし(一時期は、会うたびにiPodについていろいろ教えてもらっていました)、甘えちゃうことにしました。

 あららは詳しくないだけに、電化製品などを買うときはパンフレットの機能一覧を見て、欲しい機能をチェックして、一番チェックが多かったものを選ぶ、というようにしていました。

 でも最近のカメラのほとんどにあららが欲しい機能がついているので、決められずにいたのよね~。

 多機能でも全部を使いこなせているわけではないので、それだけに各社・各機種が個性を出そうとしている部分にはあまり興味がないというか・・・。

 でもおかげさまで、希望を絞れてきました。

 いやあ、いつもほんとにありがとう♪

 カメラ以外にもいろんな話、楽しかったわ。

image

image

 同じ日の同じ新聞なのに、韓国次期大統領の名前のルビが違っていました。

 韓国語を習っていなくても韓流ドラマ好きの人なら、韓国語って、前の文字と次の文字の音をくっつけて発音する場合があることに気がついている人って多いと思います。

 パク・クネ次期大統領の名前も、漢字を1文字ずつ読むと「パク クン ヘ」だけど、「ン」と「ヘ」がくっついて、「クネ」って聞こえるパターンだと思います。

 英語だと「メークアップ」が「メーキャップ」(make up)、「グッドバイ」が「グッバイ」(good bye)ってなるのと同じ感じなのかしら。

 でもさ~、政治家とか著名人の名前は、カタカナ表記を統一したほうがいいのでは・・・。

 ところで、同じ韓国人でも、なんで韓流スターはカタカナ表記なのに、政治家は漢字表記なんだろう?

 スターは親しみを持たれやすいように、カタカナ表記にすることで柔らかい雰囲気にすることを狙っているのかしら。

 政治家は、親しみやすさよりも堅実な感じを出すために漢字表記のほうがいいのかな。

 理由を知っている方、教えて~。

DSCF3961

 新聞を読んでいたら、『大どろぼうホッツェンプロッツ』シリーズの作者、プロイスラー氏が亡くなったという記事を見つけました。

 『大どろぼうホッツェンプロッツ』『大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる』『大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる』の三部作で、あららは小学3~4年生の頃に、好きで何度も読み返していました。

 もう25年近く前のことなのに、好きだったものってすぐに思い出せるんですね~。

 普段は死亡記事をそんなに真面目に読むことはないのですが、「プロイスラー」と書かれていたのがたまたま目に入って、ええっ?もしかしてホッツェンプロッツの?と思って読んでみたら、その通りでした。

 こうやって記事になるってことは、今でも読み続けられているってことよね。

 なんだか懐かしいなあ。

 ひっさびさに読んでみようかな。


カテゴリー

カレンダー

2013年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728