日々のこと

Archive for 1月 10th, 2013

DSCF3825

 今年最初の試写会に行って来ました。

 だいぶ前に読んで、とってもおもしろかった本の映画化だったので、試写状が届いたときは、やった~!と思いました。

 でも、おもしろかったことは覚えていても、さすがに細かい部分は覚えていなかったけど・・・。

 でもでも、映画を観たことで、ああそういえばこんなエピソードあった、あんなエピソードあった、と思い出して楽しむことができてよかったです。

 監督、出演者のみなさんによる舞台挨拶がありました。

 中村監督が、これまでに撮った映画の中で一番いい作品になった、上映後のみなさんの顔を見たかった・・・とおっしゃっていました。

 こういう監督さんっていいよね~。

 何かを作る人って、自分で自信を持って作品を世に送り出しているとは思うけど、堂々と自信があることを口にするのは難しいと思います。

 これから映画を観る人たちに、期待してね、というメッセージを直に言うことができる人ってすごいわ。

 そして、あららは、うん、おもしろいな~と思いましたよ。

 重い部分もあったけど、くすっと笑えるところもあって、良いバランスだなと思いました。

 変わらないで生きていくのも大事だけど、変わる強さも必要なのよね。

 変われない深刻な事情があるにせよ、時が経てば環境も変わっていくから、快適だと思っていたところも快適じゃなくなっていくこともあるし、その逆もあるし、人の内面も外見も変わっていく。

 その場その場に合わせて適応できる人が、強く生き延びられるんだな。

 でも変わらないから魅力的、という部分もあるのも事実。

 なんでもバランスが大切なんだな~と思いました。

広告

foodpic3057949

 今日のお昼ごはんは、ヤミーさんのパスタ本であららにとって83番目のレシピを、アレンジして作りました。

 イタリアで買って来たイカスミパスタを使ったのと、牛乳ではなく豆乳を使ったのと、あらびきこしょうがなかったので、細かいこしょうを使ったのの3点です。

 ほんとの名前は「たっぷりあらびき黒こしょうのカルボナーラ」なんです。

 カルボナーラとは炭焼き職人のことだそうです。

 上にかけた黒こしょうが「炭の粉のようだから」というのが、その名前の由来だそうですよ。

 他にも諸説ありますが、いずれも炭焼き職人にまつわる話だそうです。

 だから、黒こしょうがかかっていないものはカルボナーラにあらず、なんですって。

 へええ~、知らなかったわ~。

 カルボナーラって、卵がダマダマになっちゃって失敗・・・ってことがあるけど、このレシピなら、その心配は少なそう。

 初めにベーコン、牛乳、お水、塩、オリーブオイル、パスタをまとめて電子レンジで加熱して、粉チーズを加えてから、といた卵を最後に入れるんです。

 卵は余熱で固めるから、加熱しすぎてダマになるってこと避けられるんですね。

 なるほど~。

 これなら、カルボナーラ食べたいな~、でも失敗したらつまんないしな~などなど、余計なことを考える必要なく、食べたいときに作れるわ。


カテゴリー

カレンダー

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
広告