日々のこと

今年も見ました、明石家サンタ

Posted on: 2011年12月25日

 去年初めて見て、おもしろい、来年も見よう!と思っていた『明石家サンタ』。

 今年も見ましたよ~。

 でも実は忘れていました。

 夕ごはんの片付けをしてくつろいでいたら、隣で新聞を読んでいただんなさんが「今年も『明石家サンタ』あるのかな?あるねぇ」とつぶやいているのを聞いて、初めて思い出したんです。

 今年もなかなかおもしろかったです。

 応募した人にとっては不幸話のつもりでも、え?そんなのよくある話じゃ~ん、と思ったり、えええっ、そ、そんな大変なことがあったのに、今はそれをネタとして応募できるんだ、すごいな~と思ったり。

 物事って、ほんとにいろんな捉え方ができるよね。

 あららが応募するとしたら、どんなことをネタにするだろう?と考えてみました。

 ぱっと思いついたのが、カビに悩まされたことです。

 カビが生えるから押入れの戸を閉められないとか、洗濯しておいたものもカビるとかって、なかなかない不幸話ではないかと思うんだけど・・・。

 笑えない、ほんとに大変な不幸話もたくさんあるし、笑う余裕がないこともあると思います。

 でも、笑いに変えられるところは笑いに変えたいものです。

 実は番組が始まる前だんなさんに、今年の初めから、もやもやもやもや、ず~っと長く、くよくよくよくよ考え続けてしまっていることを、聞いてもらっていたんです。

 もうおしまい、そうなってしまったことは仕方ない、と思っていても、でも、あれでよかったんだろうか、いやいや、そうするのがベストだったんだよね、と、ふと思い出しては未だにぐるぐるぐるぐる考え続けてしまう。

 今年は震災もあって、被災した方々のことを思えば、あららの考え事なんて屁でもないって思いながらも考えてしまい、自分で自分がいやになるほど。

 ず~っと口にしてはいなかったのですが、久々にだんなさんに聞いてもらったら話が長くなってしまって、『明石家サンタ』のオープニングは見逃してしまいました。

 話しながら、長々と聞かせるのも申し訳ないわと思って「あ、もう『明石家サンタ』、始まってるね」と15分ほど過ぎてからテレビをつけたのです。

 そして、テレビを見ながら、笑った笑った。

 もし不幸なことがあったら、ネタにできることはネタにして、できないことは、考え過ぎないように、今日テレビをつけたみたいに断ち切って、考えるのをやめるようにしよう。

 楽しく楽しく。

 笑いを増やせるかどうかは、自分にかかっているのだ。

 話はぜんぜん変わって、さんまさんはたまたまテレビをつけたら出ている、ということもあるけど、八木亜希子さんを見たのは1年ぶりだと思います。

 相変わらずほのぼのとした雰囲気が、すてきだなあと思いました。

 あくせくせず、ゆったりほのぼのとした、穏やかな人になりたいな、あららも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

カレンダー

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。