日々のこと

Archive for 8月 12th, 2011

 最近はほぼ毎日、どこかしらに通院しているあららです。

 歯医者さんみたいに、時期がくれば行かなくてよくなることがわかっている科もあれば、いつまで行けばいいのかわからない科もあり、ずっと通い続けることがほぼ確実の科もあり。

 通院って、医療費だけじゃなく、場所によっては交通費が、時間帯によっては食費も必要で、けっこうお金がかかるのよね。

 働かないとお金は稼げないけど、頻回に病院に行かなきゃいけない人ほど就職が難しくて、お金を稼ぎにくい・・・。

 あららは、だんなさんのおかげで今は仕事をしなくても暮らしていけますが、これって、とってもとっても幸運なことだと思います。

 でもときどき、だんなさんが今の仕事を続けられなくなったらどうなるんだろう、働けなくなったらどうなるんだろう、だんなさんがいなくなっちゃったらどうしよう・・・と不安になることがあります。

 家で自分のペースでできる仕事があればいいのだろうけど。

 そういう仕事で思いつくのは、作家、漫画家、画家などのクリエイティブな仕事ばかりで、あららがそれで生計を立てるのはかなり難しいなあ。

 添削は自分のペースで家でやることができて、なんて素晴らしいアルバイトなんだ!と思って続けさせてもらっていますが、どれくらいの収入になるのかははっきりしないから、添削で生計を立てるのも難しそうです。

 あららはアルバイトでコンビニや写真屋の店員、お中元やお歳暮の伝票貼り、家庭教師などをしたことがあります。

 店員や伝票貼りは時給が明確に決まっていて、働く日は、店員はシフトがだいたい決まっていて、伝票貼りは自分が行ける日に行くという、ちょっと変わった方式でした。

 家庭教師は1回いくらかが明確に決まっていて、今月いつ行くかというのは生徒さんとそのご家族との話し合いという仕組みでした。

 だから、これまでにやっていたアルバイトは、その月の収入がどれくらにになるのかは、だいたい予測できたのよね。

 でも添削は、会社から依頼されなければ仕事はありません。

 会社側も、どの程度の量を大学から依頼されるのかは、依頼されるまでわからないのだと思います。

 だから、忙しい時期はもんのすごく忙しいけど、仕事がまったくない時期もあるわけです。

 だからあららを含め、添削をしている人たちには、それで生計を立てているという人はいないはずです。

 多くの人よりも必要なお金が多いのに、稼ぐのは難しいという・・・。

 通院の日を自分で決められればいいのだろうけど、そんなわけにもいかないのよね。

 先生の都合もあるし、経過の確認のためや自分の状態によって、必ずこの日に行かないといけない、ということも多いし。

 なんだか疲れたよ~というわけで、今日はこんな内容になってしまいました。


カテゴリー

カレンダー

2011年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031