日々のこと

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

Posted on: 2011年7月29日

DSCF9401

 試写会に行ってきました。

 1942年2月25日午前2時15分、ロサンゼルスに発光しながら編隊を組む飛行物体を10万人が目撃。アメリカ海軍が1430発の砲弾を撃ちこんだが1機も撃墜できず。「UFO」「宇宙人」という概念がなかった時代のこの迎撃戦は、アメリカ政府が調査に乗り出した最初の未確認歩行ムったい事件として「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれている。そして、その真相は現在に至るまで、闇の中にある。

 という、実際の出来事がモチーフになっているそうです。

 映画では10人からなる海兵隊と取り残された民間人5人が、絶望的な状況をどう乗り越えるのか、また、ロサンゼルスだけでなく世界各地でも攻撃を受けている、という設定でした。

 先が読めず、突然攻撃されるので(攻撃ってそういうものか)、なんども驚かされて、体がびくっとしてしまいました。

 海兵隊員も、ひとり、またひとりと亡くなっていくので、辛くなってくるし。

 なんだか観ていて疲れてしまった・・・。

 生き残ろうと頑張るのは、とってもとっても大切だと思います。

 でも、ロサンゼルスだけじゃなく、地球上のあちこちで同じような状況なんでしょ?

 今生き残れたところで、そのあとも生き続けることは難しそう・・・。

 それを思うと、とても頑張れないと思う、諦めがよすぎる、根性なしのあららです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

カレンダー

2011年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。