日々のこと

エスカレーターのこと

Posted on: 2011年3月28日

 今日は用事があって、吉祥寺に行ってきました。

 渋谷駅でJRから井の頭線に乗り換えました。

 駅がいい雰囲気になっていますね。

 駅だけでなく、お店も節電の関係でこれまでよりだいぶ照明が落ちていましたが、それがヨーロッパっぽい雰囲気を作っていて、電力が戻ってもこのままでいいんじゃない、と思いました。

 去年、ヨーロッパの一部に行っただけですが、あららの持った、ヨーロッパの印象と似ているなと思ったんです。

 ヨーロッパに限らず海外に行くたびに、駅や空港は、日本と比べるとだいぶ暗いなあと思います。

 でもそれで、まったく問題ないのよね。

 日本は明るすぎ!

 衛星写真を見ても、日本だけがびっかびっかに光っているし。

 海外の方が初めて日本に来たときは、きっと「うわぁ、どこもかしこも明るいなあ」と思われるのではないでしょうか。

 照明が落ちているだけでなく、エスカレーターやエレベーターもだいぶ止められていますね。

 動いているエスカレーターは、たいてい上りでした。

 あららはフルタイムで働いていたとき、お年寄りとお話する機会が多い仕事をしていました。

 そのときに、若い人は階段は上るのが大変と思っている人が多いけど、実は下りも上りとは違う面で大変だったり辛かったりする、下るほうが辛い人もいる、と聞いたことがあります。

 すべてのエレベーターを動かすわけにはいかなくても、上りと下りを同じ割合で動かしてもらうわけにいかないだろうか・・・と思いました。

 余談ですがあららは今マンションの8階に住んでいます。

 エレベーターは動いていますが、自主的に階段を使うようにしています。

 節電にも運動にもなるしね。

広告

2件のフィードバック to "エスカレーターのこと"

>ヨーロッパに限らず海外に行くたびに、駅や空港は、日本と比べるとだいぶ暗いなあと思います。
でもそれで、まったく問題ないのよね。
日本は明るすぎ!

↑全く同じことを常々思っていました。地震が起こる前から。
外国のホテルのように必要なところだけ明るくすればいいんですよね。
雰囲気もいいし。
何で日本はこんなに必要以上に明るくするんでしょう?

ねこぢるさん

わーい、ありがとうございます。
同じ考えの方がいて下さることがわかって嬉しいです。
そうですね、ホテルの照明もよい雰囲気ですよね。
ほんとに、日本はなぜ、いつから、明るいのがヨシとされるようになったのでしょうか。
電気を控えめにすることで、雰囲気がよくなって心も落ちつくし、エコにもつながります。
電気の使い方を改めて考え直したいと思う今日この頃です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

カテゴリー

カレンダー

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。